top of page

⑦衣掛天満宮

衣掛(きぬかけ)天満宮には道真公が松と石に旅衣(たびごろも)を掛け、

新しい衣に着替えたという伝説が残っています。

その松と石を祀ったのが衣掛天満宮(衣挂天神)とされています。

衣掛の松は枯れ、1953年に松の絵を描いて絵馬(拝殿の中)とし、

もう一枚は扁額として拝殿入口に掲げてあります。

鳥居の扁額には「挂」という字が使われていますが、

掛け軸などをかけるときは「掛ける」を用い、

衣をかけるときは「挂ける」を使うとのことです。

扁額の字は吉嗣鼓山、絵馬は中学校美術教師山本南窓によるもの。





拝殿の絵馬




拝殿の扁額



鳥居の扁額


衣掛天満宮:福岡県太宰府市15

Kommentare


bottom of page